Greeting

代表挨拶

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
わが国経済は長期にわたり低成長が続いており、産業構造の変革が求められております。これまでのわが国経済の屋台骨を支えてきた企業が苦境を迎えるなど既存産業の限界が見える中で、新しい産業の勃興が待たれており、ベンチャー企業に対する期待が日増しに高まってきております。

このような中、当社はグループのネットワークを活かした優良案件の発掘能力、安定した資金調達力、投資先の価値向上に向けた経営支援体制等銀行系ベンチャーキャピタルならではの強みを活かして、日本経済の明日を担うベンチャー企業の皆様への支援に注力しております。

ITなど従来のベンチャーキャピタルの投資領域にとどまらず、iPS細胞に代表される再生医療や農林漁業などの第一次産業など、社会的意義のある投資を積極的に行うと共に、ベンチャー企業との信頼関係を大切にし、ベンチャー企業の良きパートナーとして、共に成長と成功を分かち合えるベンチャーキャピタルを目指しております。

当社は三井住友フィナンシャルグループ及び三井住友銀行グループの一員として、グループの総合金融力をフルに活用し、多くのベンチャー企業の成長支援・上場支援・事業再構築支援等に注力しておりますが、常にベンチャーキャピタル業務の社会的な意義を認識し、投資業務を通じて社会に貢献してまいります。

2017年4月1日
代表取締役社長 石橋 達史